読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出生率をあげていくなら、高出生国の経験が貴重な教えとなる。

和成です、先進各国のデータを具体的に眺めると、現金給付は女性の就業率とプラスの相関関係にあるが、その関係はそれほど密接でないことが分かる。
興味深いのはむしろ現物給付のほうだ。
女性の就業率が低い段階では、現物給付は小さな規模にとどまる。
しかし就業率がある水準以上に上昇すると、増加局面に入る傾向がある。
つまり女性の就業率が十分高くなると、現物給付が拡充して出産・子育ての機会費用が低下し、女性就業の所得面を通じたプラス効果が前面に出てきて、少子化傾向にブレーキがかかり始める。
図からは、高出生国での現物給付への重点シフトと、その後の出生率の反転が確認できる。
背景にはそうした経路が働いて いると推察される。
国の内外を問わず、出産・子育てを念頭に置くカップルからみれば、生まれてくる子どもの世話を一体誰が担うのかが差し迫った問題となる。
とりわけ共働きカップルにとっては、少しぐらい児童手当を受け取れたとしても問題は解決しないだろう。
保育サービスが容易に利用可能になってこそ、出産・子育てに踏み切れるケースも多いと考えられる。
仕事と出産・子育ての両立のためには、お金より保育サービスの供給が重要だ。
最近では待機児童ゼロを求める声が強まり、子育て支援が政府の取り組むべき最優先課題となっている。
これは日本でも、女性就業の高まりやそれに伴う社会的な変化が、子育て支援の拡充を強く要請する段階に入ったことを意味する。
この点で は状況は高出生国と大きく違わない。
しかし高出生国はその要請に応えて制度改革を推進し、高い出生率を維持できた。
日本はどうか。
出生率をあげていくなら、高出生国の経験が貴重な教えとなる。
レコメンド・メッセージです!
泡洗顔では行き届かない毛穴の奥まで、ナノ微粒子が行き届くことで、毛穴の洗い残しがなくなりますので、ニキビに悩んでいる方には嬉しいですよね。
モンモリロナイトがどうしてタンパク質や有機物を吸着するかと言いますと、モンモリロナイト自身が《マイナスの性質》を持っており、水や油や有機物などは、《プラスの性質》を持っていることが理由です。
磁石と同じように引き合ってしまうので、肌のタンパク質や有機物を吸着してくれるのです。
粘土のようにしっかりと毛穴の隅々まで吸着してくれることで、ほうれい線まわりの汚れを残すことない洗顔料です。
ほうれい線洗顔料